ワンポイントビジネス英会話
その1.

"電話―掛ける側"

前回ではビジネス英会話での電話の受け方をマスターしたな。その後活用しているかい? 前回予告していた通り、今回も引き続き電話の対応のビジネス英会話についてやっていくが、今回のビジネス英会話は「かける側」のフレーズの紹介になる。

電話をかけ、先方のMithishitaが
"[Good morning / afternoon / Hello.] ABC Office, Mithishita speaking. May I help you?"と電話に出るので、ビジネス英会話で"[挨拶を入れる] This is ___ from XYZ Company calling for Mr. / Ms. ___, (please?)."という風に自分の名前と会社名を名乗って誰と話したいかを伝えていく。( もし、自分が不在の時に電話をかけて来た相手に折り返し電話をかける時のビジネス英会話は、"Hello, Mr. ___. This is ___ [returning your call. / Did you give me a call ? ] と言う。)本人がいれば、"One moment, please." など前回マスターしたフレーズが返ってきて、本人につないでくれるというわけだ。本人が不在だった場合も、前回マスターしたビジネス英会話のフレーズが返ってくるので、もう大丈夫だろう?なので今回は、前回マスターしたビジネス英会話のフレーズに対するビジネス英会話の返答の仕方を紹介しよう。

普通のビジネス英会話だと「何か伝えましょうか?」という返答が来るので、もし伝言を残さずこちらから再度かけ直す場合のビジネス英会話は、"Thank you, but I will call her / him back later." = 「ありがとうございます。でもまたこちらから改めさせて頂きますので。」と言えばOKだな。伝言を残したい時のビジネス英会話は "Could you tell her / him...?"と切り出せば良い。このフレーズの後に、例えば "...that I called?"=「電話があったことを」、"...that I will call her/him back later?" = 「またあとでかけ直すと」など付け加えるだけでいい! あとからかけ直してもらいたい時のビジネス英会話で、"Could you please have her / him call me back?"といえば "Sure. / Of course. / Not a problem."と返ってくる。ただ、この場合のビジネス英会話で、"Does s/he know your number?" = 「当人はそちらの連絡先は存じておりますか。」と確認される場合があるので、知ってる場合は"Yes, s/he does."とやればビジネス英会話的にはOK、念の為連絡先を伝えておきたい時のビジネス英会話は"I think so, but can I leave my number just in case?"で連絡先を書き留めてくれるだろう。

さて、ビジネス英会話の電話対応をマスターしたと思うがどんなもんだ?電話は相手の表情が見えないので会って話すよりも緊張してしまうものだが、逆にいえば、ビジネス英会話で電話が出来れば恐い物なしともいえる!これで外資企業とのコンタクト字時のビジネス英会話もよりスムーズに対応できることだろう!

Valuable information

CHコスモホームの紹介
http://www.welcardclothing.com/
郵便受けを通販で購入
http://www.juicygarden.jp/ic/post
貴志篤大の紹介
http://www.owit-hou.org/